本日はコミックマーケットC90、3日目でお誕生日席にスペースを頂いている日でありました。
ですがB5のペラ紙ごめんなさいペーパーを置いてマヌケな顔で鎮座するに終わり、
心から反省しております。

1日15時間以上ペンを握ろうとも発刊予定だったフルカラー本の原稿は一向に進まず、
仕事の作業に忙殺されている方が数倍も気が楽になる有様で、
描きたいものを描くだとか、表現したいことをペンの力に託すというような絵描きとしての根本が崩れている近況でした。
 
毎日数字を扱っている税理士であろうと、皆が微積分や複素数の美しさに感動するたぐいの数字好きではない、というようなのに似ているかもしれません。 


絵を描くことは好きですし、絵を見ることも好きです。
しかし必ずしも創作が好きではないようです。
(勘違いされがちですが、版権モノ・二次創作の対角としてのオリジナル創作が苦手、
という意味ではありません)


限られた期間、リソース、人員、予算、その中でこねくり回してひねり出さねばならない環境下でこそ、
自分の真価が発揮されるように思いました。
気取った言い方をすれば、白いキャンバスがなによりも苦手です。
そして同人誌即売会という場を、その限られた環境と捉えられていないのが現状です。
なんでもできちゃうせいでなんにもできなくなっちゃうループになってしまいました。


絵を描き始めてようやく4年が経ち、
幸いにも絵とディレクター業を生業とすることができる状態ではありますが、
今一度、絵、そして同人というものとの付き合い方を考えなおす時期かなと感じています。


なにはともあれ、
今日わざわざスペースの番号をメモしてブースまでいらして下さった方がひとりでもおられたことで、
本当に嬉しくも悲しみをおぼえたことは確かです。

 

ものすごく無難な子
描いてみました。
設定は女子大生かな。
就活はとっくに終わってあとは卒論だけで、
かといって最後の学生生活とかいってヘンテコな色に髪染めるような気もなし、みたいな。
3月あたまに女友達3人で卒業旅行行くために塾講師のバイトは続けてる、みたいな。

d574874d061543151f5a991aff059cbe

アへ顔とかイキ顔とかいかにも作りやすそうな目でやってます。
妹のJKもいずれ登場するよ!
・・・この前描いてた東方の咲夜さんに似てる?

s-mak

実はちょっと輪郭の手癖を抜こうとおもってとある著名な漫画家の先生の一コマから、
輪郭部分だけ拝借してトレースしてみたんですけども、
ん~清書してペン入れするとやっぱズレて元の自分のになってしまいますね…
いいんだか悪いんだか。
クセが出るのは顔の配置かなあ?


ところで数年前のCG集って女の子にはほぼ人間性がない、いかにモノ扱い前提で作るかっていう物が多くて売れ筋だった気がします。
一方で今はモノじゃない女の子をモノ扱いする 方が売れてるように見えます。
女の子側の心理描写を丁寧に扱ったものも断然増えたんじゃないかなあ。


丁寧に扱ってるからこその、そこからのないがしろ路線ていうんですかね。
上げて落とすじゃないけども。
シリアス系でもギャグタッチ系でも、どちらにせよ勢いだけで怒涛のごとく女の子が登場し、
片っ端から食いまくってあっさり終わり、ていうのは雑に見える傾向。


まあ、大量に女の子登場してももちろんお得感たっぷりでいいんですけど、
「基本絵1枚と数枚の差分で終わり×10人の女の子」じゃ読み手も満足しない。
基本絵を無限に増やすわけにもいかないんで、差分作りの技術が大切になってきてると思います。

絵の質だけじゃなくて差分の作り方、シナリオによる描写もとにかく丁寧に作らないと、
消費者の目の肥え方についていけない。


そういえば17日にはRPGツクールの最新版が出ますね…
私は前はウディタでつくったけども、
ツクールでも遠景マップそのまま取り入れられるのと、階層レイヤーのシステムが変わったのは大きい。
今となっては素材も自分で作れるようになったけども、
SFマップチップや現代系が素材で増えたのも、おそらくグラフィックやらない人にはすごく有り難いアップデートです。

いつかはショタRPG作りたいのが夢です。
ショタがショタを助けるんです。
そしてワールドマップの移動はハイエースで!!!

 

映画です。

【 トータル・リコール】(2012)
シュワ版ではなく新装版でコリン・ファレル主演の方です。シュワ版は見てないので比較は無し。
主人公のコリン・ファレルの存在感がとにかく薄くてとても妻役のケイト・ベッキンセールに叶う迫力はないのですが、これで良いかと感じます。
ムキムキのシュワルツネッガーが画面でわちゃわちゃやってるよりも、頼りないヤツの方が世界観としての体制や闘争・抗争が前面に出てきちんと目につきますますね。SF近未来世界が見どころでもあると思うので、そちらを重点に表現したいと考えると確かに、イラストで言うと六七質さんや帝国少年さんもキャラはあまり主張ないのが多い。

ストーリーやら映画評論みたいなのは山程いらっしゃるレビュアーさんたちに任せるとして…ビジュアルで気に入ったものをば。
s-WS000366
s-WS000372


ブレードランナーや攻殻機動隊をめちゃ意識してるけど、
街中に川というか水路があるのは格別好き。
s-WS000377
s-WS000368

街中の看板はハングル、日本語のカタカナ、繁体字、キリル文字が混在してて雑多感はいいんだけどれももう少し絞っても良かったような気が。個人的にはキリルは削除で。

s-WS000375

光る刺青はイケてますね。ただしどうせなら既存の龍とかのモチーフよりもっとTRON的な造形の方が嬉しい。
怪しいアジアンテイストと完全サイバー系統が混じってこそ、今ならさらに雑多感が出ると思う。








 

s-102001
夏くらいに作ろうと思ってたCG集ですが、キャラデザまでしたあと諸事情で凍結した子達です。
時期も時期ってことで就活モノでエロ面接官だったんですがね。。

茶髪の方はラフからクリンナップバージョンまで一貫して改悪にしかなってない気が… 
プロットと設定作ってた子と私のイメージがあまりにかけ離れてたんですよね。勿論人と何か作ってく過程でそのズレの修正とかすり合わせというのは必須なのだが、そのすり合わせた先の終着点が共有できてない状態で無理に表面的に合わせてもやっぱダメはダメ


元はレザーなスカートにムチムチ白タイツのつもりでした↓ 
納得行かないまま描いてると顔も崩れてくる
s-102002





 

↑このページのトップヘ